「チップとデール」「スティッチ」の客室17年2月登場 アンバサダーホテル

印刷

   ディズニーアンバサダーホテルに「チップとデールルーム」と「スティッチルーム」が2017年2月6日に登場する。予約受付は16年8月6日から。

   ディズニーキャラクターがテーマの客室。キャラクターのストーリーを思い起こさせるインテリアと、キャラクターアートを組み合わせ、キャラクターの持つ世界観を表現した。

   「チップとデールルーム」はアールデコ・スタイルのヘッドボードに描かれた2人が印象的。大好物のドングリをあしらったカーペット、楽しげな姿が映る浴室の扉、特徴的な鼻をイメージしたクッションなど、キャラクターがすぐそばに感じられる客室だ。「スティッチルーム」はハワイアン・アールデコのスタイル。カーペットは花などのモチーフにスティッチの足跡のシルエットが混じり、壁紙にはフラを踊るスティッチの姿が描かれている。また、ヘッドボードにもサーフィンを楽しむリロとスティッチが見られ、滞在中は愛らしいキャラクターに囲まれて過ごせる。

   それぞれのキャラクターをイメージしたオリジナルポーチ付き。

  • チップとデール (イメージ) (C)Disney
    チップとデール (イメージ) (C)Disney
  • スティッチ (イメージ) (C)Disney
    スティッチ (イメージ) (C)Disney
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中