熊本の復興を「食べて応援」 ホテル「ニュースカイ」オリジナルカレーがウマいぞ!

印刷

   2016年4月14日から九州地方を襲い、甚大な被害を出した熊本地震。発生から3か月経った今も避難所生活を強いられている人は多く、1日も早い復興が望まれる。

   離れた地にいて、「自分にも何かできることはないか」と胸を痛めている人は少なくないだろう。そんな人にオススメしたいのが、復興の一助になる「カレー」だ。

  • ライスの上で輝く褐色のカレー
    ライスの上で輝く褐色のカレー
  • 「くまモン」のステッカーが可愛いパッケージ
    「くまモン」のステッカーが可愛いパッケージ
  • 原材料一覧
    原材料一覧

人気で一時販売休止に

   JR熊本駅からほど近い「ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ」が、「がんばろう熊本 復興支援商品」として、オリジナルのレトルトカレー「BEEF CURRY」(ビーフカレー)を販売している。

   ホテルの公式ツイッターによると、元々定番商品だったが、熊本地震発生後、熊本を応援したいという人々が相次いで購入し品切れに。16年6月に一旦販売を休止していた。

   そのカレーが、7月8日に販売再開。ホテルでお土産として購入できるほか、オンラインショップでも、2食入り1000円、6食入り3000円で販売されている(いずれも税別)。売り上げの一部は熊本地震の復興義援金として寄付される。

甘さと辛さが共存した深みある味

   ニュースカイのツイッターをウオッチしていて、カレーの販売再開をこっそり待ち望んでいた筆者。無事購入できるようになったということで、早速2食入りを取り寄せてみた。

   注文から2日後に届いたカレーは、2箱ともパッケージに可愛いくまモンのステッカーが。売り上げの一部を寄付するとの説明が書かれたものだ。

   原材料は、野菜(玉ねぎ、にんにく)、牛肉をはじめ、チキンブイヨン、しょうゆ、トマトケチャップ、チャツネ、ラード、生姜ペースト、カレー粉、粉末コンソメなどで、意外とシンプルな印象を受ける。

   沸騰したお湯で7分間温め、白飯にかけていただく。口に入れた瞬間は甘口か、と思ったが、スパイスがしっかり効いていて、食べ進めるごとにほどよい辛さが口の中を満たしていく。野菜とケチャップの甘さ、スパイスの辛さが共存していて、深みを感じる味わいだ。

   大きめにカットされ存在感のある牛肉も、柔らかくて食べやすい。普段物がはさまりやすい筆者の歯にもはさまることなく、1皿ペロリと平らげてしまった。

   1食500円ほどで味わえる高級感あふれる美味しさで、さらに復興を支援することもできる。オンラインショップではセット販売なので、家族や仲間と分け合ってワイワイ食べるのも楽しそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中