2018年 7月 21日 (土)

都内でお得な"ちょい飲み"はじめます 肉あんかけチャーハン店「炒王(チャオ)」

印刷

   肉あんかけチャーハン専門店「炒王(チャオ)」を展開するFRJ(エフアールジェイ、東京都中央区)は、2016年7月1日から"ちょい飲み"サービスの「炒王(チャオ)呑みセット」を提供している。対象店舗は吉祥寺本店(東京都武蔵野市)、中野店(同中野区)、神田店(同千代田区)。

   つまみ定番の「から揚げ」、ボリュームのある「揚餃子(あげぎょうざ)」、ヘルシーな「辛もやし」、お酒がすすむ「メンマ」の4品が盛り付けられた小鉢とドリンク1杯がセットで、価格は780円(税込、以下同)。ドリンクはビール(中)、各種サワーの中から好きなものを選べる。

  • 肉あんかけチャーハン専門店「炒王(チャオ)」の「炒王呑みセット」
    肉あんかけチャーハン専門店「炒王(チャオ)」の「炒王呑みセット」
  • 看板メニューの「肉あんかけチャーハン」(編集部撮影)
    看板メニューの「肉あんかけチャーハン」(編集部撮影)
  • 肉あんかけチャーハン専門店「炒王」神田店(編集部撮影)
    肉あんかけチャーハン専門店「炒王」神田店(編集部撮影)

1人から気軽に来店・食事ができる

   記者は神田店に足を運んだ。ファストフードをうたっているだけあり、店内は1人席や2人席が多くを占める。店内にはイージーリスニングがBGMとして流れ、落ち着いた雰囲気。仕事帰りに軽く飲みたいが、独りなので居酒屋はちょっと――という人にピッタリだ。

   「炒王呑みセット」のメニュー内容は個別に注文することもできる。価格はそれぞれ、「から揚げ(2個)」が200円、「揚餃子(3個)」が200円、「辛もやし」が200円、「メンマ」が200円、生ビール(中)または各種サワーが380円となっている。少量でいろんなものを食べたいなら、今回のセットの方がおすすめ。

   胃袋に余裕があるなら、看板メニュー「肉あんかけチャーハン」も食べたいところ。食材はすべて国産で、とくに肉は鹿児島産豚肉を使用している。

   なお、東京以外の「炒王」店舗――イオンモール高岡店(富山県高岡市)、イオンモール水戸内原店(茨城県水戸市)、イオンモール京都五条店(京都市右京区)の3店舗では、今のところ「炒王呑みセット」を販売する予定はない。

   提供時間は平日16時から24時までで、ラストオーダーは23時30分。土・日・祝日は終日提供する。ただし「晩酌の友メニュー」の土・日・祝日終日提供は神田店だけになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中