かぐや姫は宇宙人だったのか「宇宙と芸術展」六本木で開催

印刷

   展覧会「宇宙と芸術展」が2016年7月30日から森美術館(東京都港区六本木)で開催される。2017年1月9日まで。

   隕石や化石、ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイ等の歴史的な天文学資料、曼荼羅や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語絵巻」、そして現代アーティストによるインスタレーションや、宇宙開発の最前線に至るまで、古今東西ジャンルを超えた多様な出展物約200点を一挙公開。

   「人は宇宙をどう見てきたか?」、「宇宙という時空間」、「新しい生命観―宇宙人はいるのか?」、「宇宙旅行と人間の未来」の4つのセクションで構成し、未来に向かっての新たな宇宙観、人間観を提示することを試みる。

   注目展示は、国内外の現代アーティストによる宇宙を体感できるインスタレーション。宇宙にいるかのような浮遊感を体験できるチームラボの新作や、太陽の光の強度を音で表現したり、日時計の刻んでいく時間を感じられるインスタレーションなど、壮大なスケールの作品を展示する。

   また、「宇宙開発の父」と称されるコンスタンティン・ツィオルコフスキーが描いたロケット理論のスケッチや、NASAが実施した火星住居設計コンペティションで、最優秀賞に選ばれた未来の仮想住居《マーズ・アイス・ハウス》の模型など、いずれも日本初公開となる出展物も見どころのひとつとなっている。

   開館時間は10時~22時(火曜は17時まで)。会期中無休。

   入館料(税込)は、一般1600円(前売1400円)、学生(高校・大学生)1100円(同1000円)、子供(4歳~中学生)600円(同500円)。

  • チームラボ《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく- Light in Space》 2016年インタラクティブ・デジタル・インスタレーション4分20秒サウンド:高橋英明
    チームラボ《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく- Light in Space》 2016年インタラクティブ・デジタル・インスタレーション4分20秒サウンド:高橋英明
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中