湯切りするカップヌードル登場 東南アジア感じる味「ミーゴレン」【レビューウォッチ】

印刷

   日清食品は2016年7月18日、「カップヌードル ミーゴレン」を発売した。

   インドネシアの甘辛焼きそば「ミーゴレン」がカップヌードルになった。同シリーズとしては珍しく、湯切りして食べるタイプだ。別添のフライドエシャロットをかけて仕上げるのも面白い。

  • 変わり種カップヌードル
    変わり種カップヌードル

熱いうちに食べきれ!

   「トムヤムクンヌードル」「シンガポール風ラクサ」(同日リニューアル発売)など、エスニック料理をイメージした商品が好評を博してきたカップヌードル。エスニックシリーズファンにミーゴレン人気、さらに「湯切りするカップヌードル」という珍しさもあいまって、食べてみる人が相次いでいるようだ。

   ツイッターでは、

「カップヌードルのミーゴレンうめぇ。東南アジアの屋台飯っぽい味」
「トッピングがフライドエシャロットだって。面白いね。香りが良いし甘辛くて美味しい」
「辛いけどかなり美味しい!コンビニから早く消えてしまいそうなので、買いだめしとこうかな」

など、高評価が続出。

「チーズと、温泉卵入れたら更においしい!!」
「目玉焼きとパクチーを添えて、おうちカフェ♪」
「ミーゴレンを作った後のお湯にネギ・ナンプラーを加えてスープにしたら美味だった」

と、アレンジレシピも色々と報告されている。

   一方で、「冷めるとめっちゃ麺が合体する」との注意喚起も。作ったらなる早で食べるのがよさそうだ。

   希望小売価格は180円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中