強炭酸で作る生ハイボール ソーダストリームが提供する新感覚BARで爽快

印刷

   炭酸水ブランドのソーダストリーム(東京都渋谷区)がハイボールの新しい楽しみ方として、出来たての強炭酸で作る「生ハイボール」を提案。生ハイボールを提供する「生ハイボール♯BAR」を渋谷区の商業施設TENOHA代官山(テノハ代官山)で開催中のビアガーデンで2016年8月31日までオープンしている。

「生ハイボール」を提供
「生ハイボール」を提供

   生ハイボールは、同社の主力商品である家庭向け炭酸水メーカー「ソーダストリーム」を使って作ったハイボールのこと。既製品では味わえない出来たての強炭酸で、はじける爽快感を味わうことができる。

家庭で好みの強さの炭酸水を作ることができる
家庭で好みの強さの炭酸水を作ることができる

   BARでは生ハイボールを1杯500円で提供する。時間は17~23時まで。「ハイボールもとりあえず生!」を合言葉に、新たなトレンドとして認知拡大を狙う。

真夏にぴったりの爽快感
真夏にぴったりの爽快感
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中