2021年 3月 2日 (火)

陽気なプロヴァンス人、ミヨーが描くラテンアメリカ「ブラジルの思い出」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   オリンピックが開幕し、世界の視線がブラジルに集まっています。今日取り上げる曲は、ずばり「ブラジルの思い出」というピアノ曲集です。先週登場した、オネゲルとおなじ「フランス6人組」の仲間であった、ダリウス・ミヨーの作品です。

作曲家ミヨーの肖像
作曲家ミヨーの肖像

戦火のフランスを離れてブラジルへ

   パリ音楽院でオネゲルと同窓生だったミヨーは、オネゲルが北のノルマンディーの出身だったのに対し、南フランス、プロヴァンス地方の出身でした。マルセイユで生まれて、エクス=アン=プロヴァンスで育ったのです。ガリアと呼ばれたフランスはカエサルの征服によりローマ化された国で、フランス語はラテン語の子孫ですから、「ラテン」の国ですが、特に南フランスは「ラテンのり」が強く、隣国イタリアやスペインなどとも通じる雰囲気を持っています。ミヨーも陽気なキャラクターの人物でした。

   1909年、彼が17歳の時、音楽の勉強をするためにパリ音楽院に進みます。パリで聴いた当時の最新の音楽、ラヴェルや、ストラヴィンスキーなどに刺激をうけますが、同時に「プロヴァンス人」らしい人懐こさを発揮して、直ぐに様々な友人たちに恵まれます。オネゲルとの生涯にわたる友人関係の他にも、音楽家では6人組のメンバー、ジョルジュ・オーリックやジェルメーヌ・タイユフェールとも仲良くなり、さらには、文学の世界にも友人ができました。詩人のレオ・ラティルや、フランシス・ジャム、そしてポール=クローデル、小説家アンドレ=ジッドなどです。彼らの詩に音楽をつける、という形の活動がすぐに実を結びました。

   彼がまだ音楽院に在学中、1914年にヨーロッパでは第1次大戦がはじまります。作曲家ラヴェルなどは志願して戦地に赴き体調を崩し、ミヨーの友人のラティルは戦地で命を落すなど、国土が戦場となったフランスに暗い影を落としました。ミヨーは、小さいころから病気の影響で歩行に困難があったので、徴兵されることはなかったのですが、音楽院を卒業してすぐあと、外交官でもあったポール=クローデルがブラジル大使に任命され、リオ・デ・ジャネイロに派遣されることになり、彼から秘書としてこないかという誘いを受けます。戦争のフランスを離れて、2人はブラジルに向かいました。

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!