ヤマハ発動機、キッズ向けファンバイクのロングセラーモデル仕様変更

印刷

   ヤマハ発動機は、キッズ向けファンバイク「PW50」の仕様を変更し2016年8月25日に発売する。

   体重25キロ以下の子ども向けファンバイクで、初代型から35年のロングセラー製品。運転操作が簡単なオートマチックエンジンや自転車と同じ左右レバー式ハンドブレーキ、ローメンテナンスのシャフトドライブ、軽量のボディ、低めのシートなどが特徴だ。

   主な変更点として、インナーチューブの直径を22.2センチから26センチに大径化。また、アルミ製アウターチューブを採用したフロントサスペンション、リアサスペンションのシリンダー・ロッド径をアップ。さらに、最新オフロードレーサーと共通イメージのカラー(ディープパープリッシュブルーソリッドE)とグラフィックを採用した。

    価格は14万400円(税込)。

  • 35年のロングセラーファンバイクの仕様を変更
    35年のロングセラーファンバイクの仕様を変更
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中