テレビ音声が手元で聞き取れる「赤外線コードレススピーカーシステム」オーディオテクニカから

印刷

   オーディオテクニカ(東京都町田市)は、「SOUND ASSIST(サウンド・アシスト)」シリーズから、「赤外線コードレススピーカーシステム AT-SP450TV」「AT-SP350TV」2モデルを2016年8月26日に発売する。

   手元に本体を置いて、コードレスでテレビ音声を楽しめる。テレビからの距離は最大7メートル。

   いずれも大口径52ミリスピーカーを搭載し、クリアな音質を実現。スピーカーを上向きに設置し、従来モデルと比べ、より音声が聞き取りやすくなったという。ナレーションやセリフなど人の声が明瞭になる「はっきり音」機能も。

   「AT-SP450TV」は、テレビ電源のオン/オフや選局、音量調整など、テレビの基本的な操作が行える「かんたんリモコン」を搭載する。

   ACアダプターと別売の単3形電池の2電源に対応。一定時間テレビから入力がない場合、自動的に電源が切れる「自動電源オフ」機能を備える。

   価格はいずれもオープン。

  • 離れた位置でもテレビ音声が聞き取りやすくなる
    離れた位置でもテレビ音声が聞き取りやすくなる
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中