2018年 10月 22日 (月)

缶のスパークリングワイン登場、マスカットの香り

印刷

   日本酒類販売は、オーストラリア産プレミアム缶ワインの製造、販売を行うバロークス社の「バロークス スパークリング モスカート」を2016年9月1日から発売する。

   バロークス社は、缶の内面をコーティングする特許VINSAFE(ヴィンセーフ)を現地のオーストラリアや、日本を含む世界の各国で取得し、「缶×プレミアムワイン」という新しいカテゴリーを誕生させたパイオニアメーカー。

   マスカットの華やかな香りとフレッシュな甘味が特徴のスパークリングワイン。アルコール度数は6.5%と、ライト&スムースな喉ごしを楽しめるように仕上げたという。

   ムスク(麝香(生薬の一種))の香りは鎮静作用と高揚作用の二つの効能を併せ持ち、抗ストレス効果もあるといわれている。

   味わいはやや甘口で、飲み頃温度は8℃~10℃となっている。

  • スタイリッシュなデザイン
    スタイリッシュなデザイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中