2018年 9月 18日 (火)

ピーマン切ったら超笑ってた ネットで話題「顔に見える野菜」のキーホルダー

印刷

   野菜を包丁で切った時、断面が偶然「人の顔」に見えることがある。顔に見える野菜の画像はツイッターなどに投稿され、まとめサイトができるほど人気だ。

   バンダイはじんわりと広がるブームに目をつけ、野菜の断面をキーホルダーにしたカプセルトイ「やさいのかお」を2016年8月に発売した。

 「やさいにだって顔はある」
「やさいにだって顔はある」

種の一粒一粒まで作りこまれている

「ネギ切ったら超笑ってた」
「キュウリ切ったらめっちゃ困ってた」

    ツイッターにはこんなコメントとともに野菜の写真がたくさん投稿されている。表情は喜怒哀楽さまざまで、どれもなんともいえない味があるものばかり。

   「やさいのかお」はピーマン、赤パプリカ、ねぎ、トマト、キュウリの5種類で、野菜が偶然見せるさまざまな表情を立体化した。一つ買うと、大口をあけて笑ってるように見えるピーマンが出てきた。内側のくぼみのしわや、種の一粒一粒までやたら作りこまれている。微妙に塗料を変えて、断面の濃淡も再現しているところがにくい。1回200円。

顔もさることながら、野菜としての完成度が高い
顔もさることながら、野菜としての完成度が高い
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中