ヤマハ発動機、オン・オフロードモデル「WR250R」2017年モデル発売

印刷

   ヤマハ発動機は、オン・オフロードモデル「WR250R」2017年モデルを16年9月12日に発売する。

   水冷・4ストローク・FIの高性能エンジンにアルミフレームを搭載。「ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)」に採用した新しいグラフィックは、17年YZシリーズ同様「Simple&Bold」デザインにクール感を取り入れレーシーなイメージを強調した。また、ビッグロゴグラフィックが存在感のある「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)」は継続設定とした。

   なお、スーパーモータードな走りが楽しめる「WR250X」の「ヤマハブラック」と「パープリッシュホワイトソリッド1」もそのまま継続となる。

   価格は72万1440円(税込)。

  • クール感を取り入れレーシーなイメージを演出!
    クール感を取り入れレーシーなイメージを演出!
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中