2018年 9月 18日 (火)

「ピカソのカレー」を召し上がれ グルメも満足する? ポンピドー展

印刷

   フランスと言えばグルメの本場。というわけで、フランスがらみの大型展覧会では、「美食」もテーマになることが多い。東京・上野の東京都美術館で9月22日まで開催中の「ポンピドゥー・センター傑作展」では「ピカソのカレー」が登場し、人気を呼んでいる。

  • 「ピカソのカレー」のパッケージ
    「ピカソのカレー」のパッケージ
  • 盛り付け例
    盛り付け例

タイアップメニューも登場

   今回の出品作品、ピカソの「ミューズ」(1935年)をモチーフにしたもの。シュルレアリスムの影響を受けた時代の代表作だ。画面を緑っぽい色調が支配し、二人の女性の姿が描かれている。眠っている女性はピカソの愛人だったマリー=テレーズといわれている。

   作品内にカレーが登場するわけではないが、画面の「緑色」に触発され、グリーンカレーができた。パッケージに「ミューズ」作品が描かれている。鶏肉にタケノコが入り、ガラムマサラやレモングラスが利いてスパイシーな味わい。ブリッキーヌという青唐辛子を使って、ココナッツミルクを混ぜて仕上げた本格派のタイカレーだ。一食分170グラムで600円と手ごろなお値段だ。会場のグッズ売り場で売られている。ピカソを意識して派手なTシャツでも着てパクつけば、一段とおいしくいただけるかもしれない。

   このほか、上野駅直結の商業施設、アトレ上野のベーカリーカフェ「アンデルセン」では、展覧会記念の特製パンを期間限定で販売している。ポンピドゥー・センターの外観をイメージしたチョコレートパンや、フランスの素材を使ったプチバゲットなど。パリに出かけた気分になれそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中