2018年 9月 18日 (火)

PVを増やす特効薬になるか マンガコンテンツのビューワーシステム「コミカド」、役漫が無償提供開始

印刷

   デジタルコミックを扱う役漫(東京都新宿区)は2016年9月から、マンガコンテンツのビューワーシステム「コミカド(comicad)」を企業向けに無償提供している。

   本サービスの対象はスマホ向けサイトを運営する企業だ。PV(ページビュー)を増やしたいとき、子どもから高齢者まで楽しめるマンガほど効果的な素材はない。コミカドの発行する埋め込みタグをページに埋め込むだけで、サイトの訪問者はマンガを無料で読むことができる。サイトの滞在時間やコンバージョン率の向上につながるはずだ。ネットの新サービスを始める場合、サーバーの準備やシステムの組み込みはつきもの。コミカドはそうした作業が一切いらない。

  • 「コミカド」ビューワーのイメージ
    「コミカド」ビューワーのイメージ
  • 「コミカド」の利用申し込みからサービス開始までの流れ
    「コミカド」の利用申し込みからサービス開始までの流れ

ジャンルは多彩で大作がずらり

   コミカドのコンテンツ数は2000以上。バトル、恋愛、学園、SF、ファンタジー、ギャグ、ホラー、社会派、歴史、スポーツ、アニマル、エッセイ、BL(Boys Love:ボーイズラブ)、TL(Teens Love、ティーンズラブ)――とジャンルは多岐にわたる。ラインナップも大作がずらりそろう。以下は役漫が扱っている作品群のほんの一例だ。

  • 「女帝 SUPER QUEEN」(倉科遼原作、和気一作作画)
  • 「ザ・シェフ」(剣名舞原作、加藤唯史作画)
  • 「イレブン」(七三太朗原作、高橋広作画)
  • 「きまぐれオレンジ☆ロード」(まつもと泉作)
  • 「食キング」(土山しげる作)
  • 「新・借王」(平井りゅうじ原作・土山しげる作画)
  • 「上ってなンボ!!太一よ泣くな」(小池一夫原作、叶精作作画)

   コミックサイトにありがちな「全ページは公開せず、一部をチラ見せ」はやっていない。すべての話が最終ページまで読める。

   コンテンツの管理は役漫が行う。「自社サイトにマッチしないコンテンツは配信しないでほしい」といった要望があれば相談に乗ってくれるそうだ。

   ただしいくら無料といっても、役漫の審査をパスして契約を締結しないと本サービスは利用できない。審査基準は明らかにされていないものの、広報担当者によれば「公序良俗に反しないサイトである限り、NG条件は特に設けておりません」という。

   「コミカド」は、同社とアイモバイル(東京都渋谷区)の協業により実現した。システムはアイモバイルのアドネットワークを採用している。またマンガコンテンツは広告モデルで配信する許諾を各作品の版元から得ている。問い合わせは同社の公式サイトまで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中