「爆睡する動物たち」のフィギュア第4弾 サイもトラもあられもない姿

印刷

   「寝ている動物」をテーマにした脱力系カプセルトイ「Zoo Zoo Zoo」シリーズの第4弾が2016年8月に発売された。

(C)パンダの穴
(C)パンダの穴

   Zoo Zoo Zooは、タカラトミーアーツと電通テックがコラボレーションして立ち上げたカプセルトイブランド「パンダの穴」が展開している。これまで定番のイヌ、ネコのほかに、ゴリラ、カバ、アルパカ、アザラシなどあらゆる種類の動物たちが寝呆ける姿をフィギュア化してきた。

   第4弾となる「のんきだ寝」は、ネコ、イヌ、カンガルー、トラ、サイ、ウサギの6種類をラインナップ。2つ購入して、トラとサイをゲットした。動物のドキュメンタリー映像などではワイルドな姿を見せる2種も、パンダの穴の手にかかれば隙だらけの寝姿に。

自然界では見られない光景
自然界では見られない光景

    またこのシリーズは、数ある動物フィギュアの中でも特に「肌の質感表現」が秀逸。サイの肌はザラザラとした細かな凹凸が彫られ、色はベタ塗りせず濃淡をつけることでところどころ乾いた肌の質感までリアルに再現してある。一回200円。

細かすぎて伝わらない「質感」の魅力
細かすぎて伝わらない「質感」の魅力
トラもよーく見ると極細の彫りで毛並みを再現
トラもよーく見ると極細の彫りで毛並みを再現
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中