体験型VR観光アプリ「ストリートミュージアムアプリ」、凸版印刷から

印刷

   凸版印刷は、バーチャルリアリティ(VR)と全地球測位システム(GPS)を組み合わせた旅行者向け観光アプリ「ストリートミュージアムアプリ」の提供を、2016年9月21日より開始した。

   アプリは、現存しない城郭などの史跡を高精細かつ色鮮やかにVRコンテンツで再現し、スマートフォンやタブレット端末で位置情報と連動して見ることができる新しい体感型観光アプリ。

   旅行者は本アプリを利用することで、VRコンテンツや音声付き映像解説が閲覧できるほか、GPSで実際の地図と連動した古地図を表示することができる。 史跡ごとに個別に提供していた機能を1つのアプリとして集約することで、旅行者の利便性を向上させる。

   本アプリの提供に際し、まずは江戸城、和歌山城、福岡城、肥前名護屋城(佐賀県)、高松城、屋嶋城(香川県)の6名城をラインアップ。

   今後、「ストリートミュージアムアプリ」への掲載コンテンツの拡充ならびにサービスを活性化、2017年に約50コンテンツの掲載、10万ユーザーの獲得を目指す。

   利用料金は無料。

   OS:iOS 8.0以降(一部未対応機種あり) ※Androidは順次対応予定

  • 観光地を昔の景色で楽しめる
    観光地を昔の景色で楽しめる
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中