新幹線博多車両基地の見学ツアー開催 団体列車は500系、「カンセンジャー」が車内でおもてなし

印刷

   阪急交通社とJR西日本は2016年10月16日、日帰りツアー「500系新幹線に乗ってカンセンジャーと行こう 新幹線博多車両基地大冒険!!」を開催する。

   参加者を運ぶ500系新幹線(団体列車)は、会場の「博多総合車両所」(福岡県那珂川町)に直接入線する。新大阪駅の出発時刻は8時8分。8時24分に新神戸駅に途中停車して、現地到着は11時49分の予定。

   本ツアーの往路を共にする「カンセンジャー」とは何者か。500系新幹線電車をモチーフにした、山陽新幹線の公式キャラクターだ。エエコ星から来たヒーローで、普段は新幹線の車掌をしており、パンダグラフの剣を使って悪人を退治する設定になっている。

   往路の車内ではカンセンジャー、車掌、 パーサーとのふれあいイベントが行われる。昼食としてオリジナルカンセンジャー弁当が配られるほか、当日限定のオリジナル記念品がプレゼントされる。

   車両基地の滞在時間はおおよそ3時間。車両基地内や新幹線運転台の見学、カンセンジャーショーの観覧、黄色い新幹線「ドクターイエロー」との記念写真に参加できる。新幹線グッズの販売もある。

   復路はシャトルバスで博多南駅まで向かい、博多駅で「のぞみ」に乗り換えて新神戸駅・新大阪駅へ戻る。博多駅の乗り換え時間は60分~110分ほどあるので、駅周辺でショッピングを楽しむことも可能。

   旅行代金は大人が1万9800円、6歳以上12歳未満が1万4800円、3歳以上6歳未満が1500円となっている。このほか新神戸駅から乗車する場合は入場券代140円が別途必要。詳細は特設ページまで。

  • 下のキャラクターが「カンセンジャー」
    下のキャラクターが「カンセンジャー」
  • ツアーのパンフレット
    ツアーのパンフレット

カンセンジャーの人気は戦隊ヒーロー顔負け!?

   500系の先頭車両は超ロングノーズ。空気抵抗を抑えるためにこの形状が採用された。斬新で未来的なデザインは老若男女を問わず根強い人気がある。

   カンセンジャーもまた「かっこよすぎない?」「可愛いw」「私のハートは撃ち抜かれました」といった声がネットに上がっている。ツーショット写真が撮れる貴重な機会かも。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中