2018年 7月 18日 (水)

車内でブルーレイが見られるSDカーナビステーション パナソニックから

印刷

   パナソニックは、SDカーナビステーションの新製品「ストラーダ」(2機種)を2016年10月中旬に発売する。

   耐振・耐熱性に優れた車載専用光ピックアップを採用した自社開発の薄型ブルーレイメカニズムを搭載。過酷な車内環境でも安定したディスク再生が可能。

   「スイテルート案内」は、「VICS WIDE」の渋滞・規制情報の変化に伴うルートの再探索機能に加えて、新旧ルートの比較機能も有し、ドライバーの嗜好にあったきめ細やかなルート決定ができる。

   一時停止や制限速度など道路標識情報を音と表示で知らせる、うっかり防止「安心運転サポート」機能を搭載。旅先など不慣れな土地での安心運転をサポートする。

   高速演算DSP、電源用高音質電解コンデンサ等を新たに搭載。ブルーレイに加えDVDや地デジも、高音質再生が可能。

   音楽CDの最大4.35倍のサンプリング周波数のリニアPCM192kHz/24ビットの高音質ブルーレイオーディオ音源再生に対応。クラシックを中心としたブルーレイオーディオソフトを高音質のまま再生できる。

   オープン価格。

  • CN-RX03WD
    CN-RX03WD
  • CN-RX03D
    CN-RX03D
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中