気になる所を狙い撃ち除菌・消臭、コンパクトサイズの加湿空気清浄機 シャープから

印刷

   シャープは、「プラズマクラスター加湿空気清浄機」6機種を2016年10月20日に発売する。

   フィルターでは取れない壁などに付着したカビ菌の増殖抑制や、タバコのニオイの消臭など除菌・消臭性能に優れた「高濃度プラズマクラスター25000」を搭載。

   加えてホコリや花粉、微小な粒子などを素早く集める、独自の「スピード循環気流」による高い空気浄化機能を備える。設置面積を雑誌の見開き以下に抑え、スペースの限られた寝室や子供部屋にも設置しやすいサイズを実現。

   気になるところを狙って除菌・消臭するプラズマクラスター「パワフルショット運転」を「KI-GX/GS」シリーズに搭載。洗うのが難しいソファなどに付着した菌のほか、料理やペット、汗、付着加齢臭などのニオイを消臭し除菌する。

   「KI-GX」シリーズは、プレフィルターに溜まったホコリを定期的に自動で掃除する「自動掃除パワーユニット」を搭載。集じん性能が低下せず約99%持続するという。

   ラインアップは、「プラズマクラスター25000」搭載の「KI-GX100」、「KI-GX75」、「KI-GS70」、「KI-GS50」、「プラズマクラスター7000」搭載の「KC-G50」、「KC-G40」。

   価格はいずれもオープン。

  • プラズマクラスターの力で空気を
    プラズマクラスターの力で空気を"掃除"
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中