VoLTEやLTE、Wi-Fi対応 NTTドコモから16-17冬春モデルの携帯電話が登場

印刷

   NTTドコモは2016年10月19日、2016-2017冬春新商品モデルとして「AQUOSケータイ SH-01J」(シャープ製)と「P-smartケータイ P-01J」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)を発表した。

   いわゆるiモードケータイはLinux/SymbianOSが採用されていたが、今回の2機種はAndroid5.1をベースに開発された。そのためISP(インターネット接続サービス)はiモードではなく、スマートフォンと同じspモードとなる。高音質通話サービス「VoLTE」(ボルテ)をはじめ、高速通信のLTE、通信費を節約できるWi-Fi、GPS、LINEにそれぞれ対応する。Google Playやデザリングは利用できない。

   「SH-01J」は10月21日から、「P-01J」は11月上旬からそれぞれ販売する。

  • NTTドコモから発売される、16-17冬春モデル携帯電話の2機種
    NTTドコモから発売される、16-17冬春モデル携帯電話の2機種

カメラ機能は「SH-01J」に軍配

   「SH-01J」は、15年6月に発売されたAndroidケータイ「SH-06G」の後継機だ。サイズは高さ約113×幅約51×厚さ約16.7(mm)、重量が約132g。バッテリー容量は1410mAhから1800mAhに増えた。静止時における連続待受時間はLTEが約610時間、3Gが約700時間。連続通話時間はLTEが約440分、3Gが約620分。

   メインディスプレイは約3.4インチのQHD液晶(960×540ドット)、サブディスプレイは約0.9インチの有機ELとなっている。メインディスプレイの液晶は高精細が売りで、文字のエッジが目立たず、小さな文字も見やすい。

   携帯電話のメインターゲット層である高齢者の中には、加齢の影響で聴力が衰えている人もいる。そこで本機種は、音圧レベルが1.5倍(シャープ従来機比較)の「でかレシーバー」を搭載した。これにより相手の声が小さくてもしっかり聞こえる。

   アウトカメラの有効画素数は約800万画素。高画素カメラと逆光シーンに役立つHDRで、黒つぶれや白とびを抑えたきれいな写真が撮影できる。一方の「P-01J」は有効画素数が約500万画素。カメラ機能だけみれば「SH-01J」に軍配が上がる。なお両機種ともインカメラは搭載していない。

   カラーバリエーションはGold、Blue Black、Pinkの3色展開。ドコモオンラインショップの販売価格は、一括払いでは3万3696円。「月々サポート」による割引後の実質負担金が新規/MNPでは0円、機種変更では1万9440円(税込、以下同)となる。

ボタンの印字が大きい「P-01J」

   「P-smartケータイ P-01J」の形状は、15年11月発売のiモードケータイ「P-01H」を踏襲している。サイズが高さ約113×幅約51×厚さ約16.9(mm)、重量が約132gと、「SH-01J」とほぼ一緒。

   バッテリー容量が1000mAhから1800mAhに大幅増量されている。静止時における連続待受時間はLTEが約610時間、3Gが約740時間。連続通話時間はLTEが約460分、3Gが約500分となっている。

   ワンプッシュオープンを押すと出てくるテンキーは、かまぼこ型の形状を採用したことで押しやすい。印字されている数字やかな文字、アルファベットも大きく、見やすくなった。メインターゲットである高齢者を意識したデザインといえる。

   VoLTEに加え独自の技術「プレミアムトーク」を採用したことで、従来機との比較で音圧レベルは約2.5倍に高まった。

   カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ゴールドの3色展開。ドコモオンラインショップでの販売価格は「SH-01J」と同水準になると予想される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中