華屋与兵衛の冬フェアは「牡蠣のごちそう」 11月10日から全店で実施

印刷

   関東を中心に展開する和食専門レストランチェーン「華屋与兵衛」は2016年11月10日から、広島県産の牡蠣(カキ)を使ったフライや鍋、そして栗を使ったスイーツメニューを取りそろえた「冬フェア」を全店で開始する。17年1月下旬まで。

   10月27日、尾久店(東京都北区)で試食会が行われ、招待された大勢の女性ブロガーに混じり、トレンド編集部も参加した。

  • サクサクの衣にジューシーなカキを使用
    サクサクの衣にジューシーなカキを使用
  • 試食会の会場となった華屋与兵衛尾久店(東京都北区)
    試食会の会場となった華屋与兵衛尾久店(東京都北区)
  • 牡蠣フライ膳
    牡蠣フライ膳
  • 豚汁
    豚汁
  • 汁物は具がたっぷり
    汁物は具がたっぷり
  • 小鉢
    小鉢
  • 尾久店はドリンクバーの種類が豊富
    尾久店はドリンクバーの種類が豊富
  • 栗林徹社長
    栗林徹社長
  • 同時期の「栗フェア」のメニューの一つ、「和栗とさつまいものモンブラン」
    同時期の「栗フェア」のメニューの一つ、「和栗とさつまいものモンブラン」

カキを手ごろな価格で味わえるフェア

   記者の食べた「牡蠣フライ膳」は1706円(税込、以下同)。牡蠣フライ5個とキャベツの千切りが載った皿を中心に、小鉢、汁物、ご飯、お新香がセットになっている。

   サクサクした衣を一口かむと、プリプリの牡蠣からエキスが飛び出し、口の中全体に磯の味が広がる。甘みと苦みが同居する複雑な味で、食べ終わった後も余韻がしばらく残る。

   キャベツの千切りはふわふわとしていて、見た目のボリュームは平均的な外食チェーンを大きく上回る。すべて店内でカットしているそうで、新鮮さは申し分なし。「とんかつ専門店には負けません」と広報担当者は胸を張る。

   白いご飯は宮城県産の「萌えみのり」と岩手県産の「ひとめぼれ」を採用(銘柄は店によって異なる)。記者が食べたご飯はソフトな味と食感で、揚げ物との相性が抜群だった。

   二十四節気の小鉢も広報担当者がこだわりポイントに挙げる一品。今回は「揚げ山芋の梅風味」だがさっぱりとした味で、牡蠣フライと交互に食べるとちょうどよい。「冬フェア目当ての客にいろんな味を楽しんでもらいたい」という思いから、メニューは2週間ごとに切り替えるという。

   尾久店に設置されているドリンクバーは、日本茶5種、ソフトドリンクを合わせると計32種類。茶葉は15種類がそろう。有機宇治煎茶、三年番茶、雁が音ほうじ茶、黒豆茶、抹茶入り玄米茶、ジンジャーレモンティー、ホワイトビーチティー、メープルティー、シャンパンロゼティー、ローズヒップティー、ダージリンティー、ルイボスティー、ルクリリティー、ジャスミンティー、アールグレイティー。しかも日本茶用に70度、紅茶用に90度のお湯を選んで出せるようになっている(ドリンクバーは一部取り扱っていない店舗あり)。

   華屋与兵衛では「牡蠣フライ膳」のほか、「牡蠣鍋」(1274円)や「牡蠣釜飯膳」(1490円)も注文できる。また系列店の「和食よへい」では「カキフライ(5個)とごはんセット」を1393円で提供する。詳細は公式サイトまで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中