横浜みなとみらいの「冬の風物詩」 七色イルミネーションが「パシフィコ横浜」を彩る

印刷

   横浜国際平和会議場(通称「パシフィコ横浜」)では、「パシフィコ横浜 ウィンターイルミネーション2016」を2016年11月18日から2017年2月14日まで開催する。10度目の開催となり、すっかり横浜みなとみらいの冬に欠かせない風物詩となった。横浜ベイブリッジや横浜港の夜景も加えて幻想的な夜を演出する。

   昨年に続き、「臨港パーク 芝生広場」にはイルミネーションツリーを用意した。パシフィコ横浜の「玄関」の「クイーンモール橋」や「展示ホール周辺(2階海側デッキ)」も光り輝き、七色と金色の光で彩られた客船ターミナルの「ぷかりさん橋」がロマンチックな一時を手助けする。

   会場近くのレストラン「リストランテ アッティモ」「DANZERO(ダンゼロ)」「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 海鮮びすとろ『ピア21』」からもイルミネーションを楽しめるという。国立大ホールでは2016年12月7、8、13、14日の4日間に限り、平山郁夫の原画を基にデザインされたステンドグラス「星座 '94横浜」も一般開放される。

  • 昨年の様子。「ぷかりさん橋」
    昨年の様子。「ぷかりさん橋」
  • 「クイーンモール橋」
    「クイーンモール橋」
  • 限定公開されるステンドグラス「星座 \’94横浜」
    限定公開されるステンドグラス「星座 ’94横浜」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中