岡村隆史の未確認生物(UMA)を探す旅 「いつかはこの番組で捕まえたろうと」

印刷

   お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん、「ココリコ」の田中直樹さん、タレントの川島海荷さんは2016年11月17日、バラエティ番組「アイ・アム・冒険少年」(TBS系、21日7時56分~)の3時間スペシャルの収録後、報道陣の囲み取材に応えた。

   この番組では「茨城県の空に出現する幻の赤いオーロラ」「1000匹に1匹しか捕れない幻の絶品食材『ゴジラエビ』」など、芸能人が貴重な「お宝」映像を探し求め、冒険に挑んできた。2014年4月から2015年3月までレギュラー放送されていたが、15年4月以降は不定期のスペシャル番組となり、今回は6度目。岡村さんはUMA(未確認動物)探しの旅に意欲的で、「いつかはこの番組で『ビッグフット』や『イエティ』を探しに行きたい」と語った。

  • 岡村隆史さん(2016年11月17日撮影)
    岡村隆史さん(2016年11月17日撮影)
  • 川島海荷さん(2016年11月17日撮影)
    川島海荷さん(2016年11月17日撮影)
  • 田中直樹さん(2016年11月17日撮影)
    田中直樹さん(2016年11月17日撮影)

哀川翔&キスマイ横尾が新企画「冒険シェフ」に挑む

   無人島に取り残された芸能人が脱出を目指し、奮闘する模様を描いた人気企画の「脱出島」に加え、料理上手の芸能人が世界の貴重な食材を手に入れ、至極の一品を作る「冒険シェフ」を放送する。

   今回の「脱出島」は2対2のタッグマッチで、お笑い芸人のあばれる君と「マル秘」世界チャンピオンの組、タレントのIMALUさんと紅蘭さんの2世芸能人の組が勝負を挑む。初の企画「冒険シェフ」では、タレントの哀川翔さんとジャニーズグループ「Kis‐My‐Ft2」の横尾渉さんがフィリピンの食材を獲得し、腕によりをかけて料理を振る舞う。

   番組の収録後、岡村さんが「冒険シェフ」について「ピリッとした結果に終わった」と語ると、田中さんは「(哀川)翔さんはソルジャーのように見えた」と例えた。「脱出島」は、「怖い映像も多々」(岡村さん)、「放送コードに引っかかったんじゃないかっていう場面も・・・オンエアの時にカットされていないのを期待する」(田中さん)という。川島さんは「冒険シェフは平和な感じを想像していたが、過酷だった。脱出島の皆さんは1人ひとりのキャラが強く、冒険心は大切だなと思った」と話した。

川島海荷「岡村さんが行く時は一緒に行きたい」

   「今後、こういうのをやってみたい企画はあるか」という記者の質問には、岡村さんが

「この番組でずっとやってみたいと思っていたのは『ビッグフット』。昔、ある多国籍料理の店へ食べに行った時には、『イエティはいる。鳴き声を聞いたことがある』って聞いて、いつかはこの番組で捕まえたろうと思っている」

と答えた。ビッグフット、イエティは、それぞれロッキー山脈、ヒマラヤ山脈一帯に住むと言われているUMA(未確認生物)だ。田中さんは

「もちろんいてほしいけど、追い掛けるほどイエティとの距離が大きくなるような・・・ぼくはそっと岡村さんの背中を押したいです」

と遠慮がちだった。川島さんは逆に、

「岡村さんが行く時は一緒に行きたいです。いないと分かっていても(笑)。私は希望の方が大きいですよ」

と語った。岡村さんは幼い頃から未確認生物に興味があったという。

「UFOとかエリア51とか、いつかはそういう発光体も見られるのちゃうか、とね。イエティの動画をスマホで撮りたいです」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中