橋本マナミ、セクシーダンスで「肉食」宣言「自分から押し倒してキスしたい」

印刷

   Bancのバーチェーン「COYOTE UGLY SALOON」の日本初上陸店、「COYOTE UGLY SALOON ROPPONGI」が2016年12月8日19時、六本木にオープンする。

   第1号店は1993年、ニューヨークに開店し、2000年には「COYOTE UGLY SALOON」を舞台とする映画「COYOTE UGLY」が公開されて興行収入1億1000万ドルの大ヒットを記録した。世界中に25店舗を展開しており、日本で7カ国目の出店となる。

   六本木店で5日に開かれたメディア向け発表会では、ゲストのタレント・橋本マナミさんが登場し、4人の美女バーテンダーとセクシーなダンスを披露した。

  • タレントの橋本マナミさん(写真は2016年12月5日撮影)
    タレントの橋本マナミさん(写真は2016年12月5日撮影)
  • 美女バーテンダーも交えてセクシーショット(写真は2016年12月5日撮影)
    美女バーテンダーも交えてセクシーショット(写真は2016年12月5日撮影)

クリスマスは「何にも予定はない(笑)」

   「COYOTE UGLY SALOON」では、美女バーテンダーの「コヨーテガール」がカウンターバーの上で踊りながら酒を注ぐのが定番となっている。発表会では4人の「コヨーテガール」がセクシーなダンスを披露した後、足元にウエスタンブーツ、両足にダメージジーンズというアメリカンな服装の橋本さんが、アメリカ人歌手・ビヨンセの曲「Crazy In Love」に合わせ体を動かしながら登場した。

   4人の「コヨーテガール」はアメリカ人歌手・ブルーノ・マーズの曲「24K Magic」で「ボディーショット」というアメリカで人気のパフォーマンスを披露し、橋本さんは

「すごーいセクシー!私もじらしたいです。ちょっとドキドキしちゃいました」

と夢中になっていた。

   発表会が終わると、橋本さんの囲み取材が行われた。発表会では「(「COYOTE UGLY SALOON」に)友達同士、恋人同士で来てください」と語っていた橋本さんだが、報道陣に男性の口説き方を聞かれると

「今まで男性にアタックしてもらえるよう仕向けていたけど、この年齢にもなるとそんな人はいなくなってしまったので、自分から押し倒してキスするようにしてみます」

と話した。

   クリスマスの予定は、「仕事が入っていたけど、夜は空けてもらいました」。ただ「何にも予定はない(笑)」そうで、

「彼氏のいないアラサー女子があふれているので、女子会をしようと思います」

と語っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中