ぬいぐるみが「おしゃべり」するボタン型デバイス MoMA Design Storeから

印刷

   米ニューヨーク近代美術館(MoMA)の公式店「MoMA Design Store(モマデザインストア)」は、クラウドファンディンサービスで目標金額の30倍以上を達成した、ぬいぐるみなどに「おしゃべり」をさせるようにするボタン型デバイス「Pechat(ペチャット)」を2016年12月10日以降に、東京の表参道、渋谷、池袋の各店と仙台店、神戸店で発売する。

  • お気に入りのぬいぐるみがしゃべりだす
    お気に入りのぬいぐるみがしゃべりだす
  • ぬいぐるみになじむボタン型
    ぬいぐるみになじむボタン型
  • クラウドファンディンサービスで目標金額の30倍以上達成
    クラウドファンディンサービスで目標金額の30倍以上達成
  • 羽生選手と企画したスペシャルな「きき湯」
    羽生選手と企画したスペシャルな「きき湯」

スマホで遠隔操作ができる

   「Pechat」は、専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetooth接続により遠隔操作が可能で、ぬいぐるみなどに装着して、そのぬいぐるみが「おしゃべり」をするように装うことができる。ぬいぐるみを通して子どもらとのコミュニケーションを楽しめ、子どもの心を通わせる力を育める。

   また、声に反応して自動でおしゃべりする「おまかせモード」や、読み聞かせなどの知育コンテンツを搭載する。

   対応OSはiOS 9.0~、Android 5.0~。リチウムイオンポリマー電池を内蔵し、約3時間の充電で約1.2時間の連続使用に対応。充電ケーブルが付属する。

   価格は4989円(税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中