富士重、特別仕様車レヴォーグ「1.6GT EyeSight Smart Edition」 スバル1000発売50周年記念

印刷

   富士重工業は、同社初の量産小型乗用車で1966年に発売された「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車第4弾として、レヴォーグに「1.6GT EyeSight Smart Edition」を設定し2016年12月12日に発売する。「スバル1000」はスバル初のBOXER(水平対向)エンジン搭載車でもある。

初のBOXERエンジン搭載

   「1.6GT EyeSight」をベースに、アドバンスドセイフティパッケージを標準装備。エクステリアには専用17インチアルミホイールやブラックカラードドアミラーを採用した。

   さらに、上級グレードである「1.6GT-S EyeSight」と同じデザインのLEDヘッドランプ(ブラックベゼル)、ダークメッキ加飾にブラック塗装を施したフロントグリルを採用。インテリアには運転席8ウェイパワーシートとアルミパッド付スポーツペダルを標準装備とした。

   先進安全装備を標準装備し、よりスポーティな内外装としながら、リーズナブルな価格に設定したのもポイントだ。

   価格は290万5200円(税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中