2018年 9月 22日 (土)

「感震タップ とめ太郎」強い揺れで電源遮断 地震のときの電気火災リスクを低減

印刷

   各種家電およびスマートフォンアクセサリーなどを手がけるデバイスネット(大阪市)は、震災時に揺れを感知し自動で電源を遮断する「感震タップ とめ太郎 KD-S2115PL」を2016年12月9日に発売した。

  • 工事不要、使いやすいタップ型
    工事不要、使いやすいタップ型
  • 感震センサーを内蔵
    感震センサーを内蔵
  • 正面に1口と底面に1口備える合計2口
    正面に1口と底面に1口備える合計2口

小型で高性能な感震センサーを搭載

   感震センサーを内蔵し、地震火災のリスクが高まるといわれる震度5強相当の揺れを感知すると直ちに自動遮断。電気ストーブやドライヤー、トースターなど熱を発生させる電気製品が原因となる震災時の電気火災リスクを低減させるという。

   分電盤から電源を遮断する感震ブレーカーは取付工事が必要だが、小型で高性能な感震センサーを搭載し、コンセントにさすだけの工事不要で、簡単に使いやすいタップ型となっている。

   正面に1口と底面に1口備える合計2口コンセントタイプで、電気こたつと電気ストーブなど2つ同時に接続可能。動作確認が可能なテストスイッチを備える。

   参考価格は5378円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中