JR東日本、ホームドア整備を加速

印刷

   JR東日本は、山手線など首都圏でのホームドア整備を加速すると2016年12月13日、発表した。

   山手線では、2010年より全駅へのホームドア導入を進めてきており、これまで24駅に整備が完了している。

   2020年度末までの整備予定駅は4駅(東京、新橋、浜松町、品川新駅(仮称))。2021年度以降の整備予定駅は2駅(新宿、渋谷)で、駅改良工事の工事工程に合わせて整備される。

   京浜東北・根岸線の大宮・桜木町間全37駅等については、ホームドアの整備を促進するとともに、乗降1万人以上の駅について、内方線付き点状ブロックの整備を早期に進めていく。

   2020年度末までの整備予定駅は27駅で、さいたま新都心、浦和、赤羽、上野、有楽町、大井町、鶴見、品川新駅(仮称)に加え、新たに19駅を整備する。 その他、新国立競技場周辺の駅等にもホームドアを整備し、2020年度末時点で、58駅にホームドアが設置される。

   2016年12月17日より町田駅にて試行導入する新たな形式のホームドア「スマートホームドア(R)」(JR東日本メカトロニクスが開発)については、今後の試行結果を踏まえて整備駅等を検討していくという。

  • ホームドア設置予定図
    ホームドア設置予定図
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中