フォステクスからロングセラーモデルのヘッドホンをリニューアル「TH7」

印刷

   音響機器を扱うフォステクスカンパニー(東京都昭島市)は、モニターとしての基本性能高さと優れたコストパフォーマンスで人気を博し、ヘッドホンのロングセラーモデルの一つになっている「TH7」を音質調整などのリニューアルをして2016年12月下旬に発売する。

  • スタジオユースを前提に設計
    スタジオユースを前提に設計

シンガー南波志帆さんコラボ、シングルCD「真夜中のヘッドフォン」とのセットも

   発売から20年以上にわたってフォステクスブランドのサウンドクオリティを世界中に広め続けている「TH7」シリーズ。スタジオでの使用を前提とした設計で、パーソナルスタジオからプロフェッショナルな録音現場に至るまで幅広い用途に対応する。

   遮音性に優れた密閉タイプを新たに採用したほか、高音質40ミリ径ドライバーによるダイナミックな低音、繊細でナチュラルな高音の再生を楽しめる。イヤーパッドには肌触りの良い高級合皮材を採用、快適な装着感を実現した。

   カラーはマットブラック、ターコイズブルー、カーマインレッド、シェルホワイトの4色。

   価格はオープン。

   また、シンガー、南波志帆さん監修によるサウンド・チューニングを施したコラボレーションモデル「TH7NS」とCDシングル「真夜中のヘッドフォン」のセットを、「タワーレコード」および「e イヤホン」の2社で300台限定、12月21日に発売する。

   価格は1万926円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中