2019年 10月 17日 (木)

「浦島太郎」「かぐや姫」などお伽話カクテル、ANAインターコンチネンタルホテル東京

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ANAインターコンチネンタルホテル東京では、36階「MIXXミックスバー&ラウンジ」にて、日本のお伽話をイメージしたオリジナルカクテルを創作し、2017年1月1日から12月31日まで2ヶ月ごとに作品を入れ替え、年間を通じて提供する。

   カクテルに姿を変えるのは、6つのお伽話。「浦島太郎」「花咲か爺さん」「一寸法師」「桃太郎」「かぐや姫」「笠地蔵」の順に1カクテルを2ヶ月ごとに展開する。グラスのみならず、陶器や漆器、木箱、竹、稲穂、布や和紙など、特別な器に自然素材や和小物を使って世界観を表現する。それぞれのカクテルは現代のミクソロジーのテクニックを活かしたレシピで、「懐かしさ」と「新しさ」の両方を楽しめるという。

   同ラウンジでは、「日本のお伽話カクテル」を一冊のメニューブックにまとめ、それぞれのカクテルの頁にお伽話のあらすじについて、日本語と英語で紹介する。

   営業時間は、月~木曜日/土・日曜日11時30分~25時、金曜日11時30分~26時、祝日11時30分~24時。価格はいずれも2300円(サービス料、消費税別)。

  • 左から「浦島太郎」、「かぐや姫」
    左から「浦島太郎」、「かぐや姫」
  • 左上から「花咲か爺さん」「一寸法師」「桃太郎」「笠地蔵」
    左上から「花咲か爺さん」「一寸法師」「桃太郎」「笠地蔵」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!