2019年 5月 21日 (火)

500年前の「クール・ビューティー」に会える 日本初のクラーナハ展、東京・上野で開催中

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   クール・ビューティー。冷たい感じがする美人顔のことだ。近年の造語だが、昔からそんな女性がいたのではないか。そう思わせる展覧会が東京・上野の国立西洋美術館で2017年1月15日まで開催中だ。

   「クラーナハ展―500年後の誘惑」。中世ドイツの画家、ルカス・クラーナハ(1472-1553)についての日本では初めての大回顧展だ。主役は、500年前の「クール・ビューティー」たち。謎めいた視線で男を誘惑する。

  • 「ホロフェルネスの首を持つユディト」が描かれた「クラーナハ展」のポスター。東京・上野の国立西洋美術館前
    「ホロフェルネスの首を持つユディト」が描かれた「クラーナハ展」のポスター。東京・上野の国立西洋美術館前

「美人だが、怖い女」

   ポスターに登場するのは代表作「ホロフェルネスの首を持つユディト」。着飾った若い女性が静かに何かを見つめている。無表情なまなざし。右手に剣を持っている。

   ポスターでは、実際の作品の一部がカットされているが、実は彼女は「生首」を抱えている。血が滴る男の頭部。眼を剥き、断末魔の苦悶に顔が歪む。

   旧約聖書外伝の中の「ユディト記」を題材にした作品だ。女性は寡婦ユディト。敵の司令官を誘惑し、謀りにかけて惨殺した。

   ほかにも、踊りによって王を悦ばせ、褒美に聖ヨハネの斬首を求めたサロメ。王女オンファレの美貌に骨抜きにされ、羊毛を紡ぐはめになった豪傑ヘラクレス。娘たちに酔わされ、近親相姦をおかしてしまったロト......。作品には男を誘惑し、手玉に取る、「美形だが、怖い女」が次々と登場する。題材は聖書や神話などで知られた物語だが、彼の手にかかると、女性の妖しい魅力が一段と凄味を増す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中