2018年 9月 26日 (水)

希少な豆を使用したバレンタイン向けコーヒー、ミカド珈琲商会

印刷

   ミカド珈琲商会(東京都)は、 2017年1月17日 より「バレンタイン・コーヒー 2017」を直営店舗や通販などで発売する。

   生豆生産国はブラジルで、希少な「ピーベリー」(丸豆)を使用。

   ピーベリーには、広がり豊かなスウィートビターな苦味と、チョコレートフレーバー、 上質の甘味が広がる特徴があるという。

   香りはミルクチョコレート、スウィートビター、カカオが楽しめるという。

   焙煎度合はフルシティ・ロースト。

   内容量は150g(豆)で、希望小売価格は1000 円(税抜)。

   喫茶メニュー価格は直営店舗により、提供形態及び 価格が異なる。

  • 甘い香りが楽しめる
    甘い香りが楽しめる
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中