2018年 7月 18日 (水)

インドネシア各地の高品質カカオを使った「Pipiltin Cocoa」チョコレート

印刷

   食品・雑貨などの販売を行うRubah4(ルバーフォー、東京都渋谷区)は、「Pipiltin Cocoa(ピピルティン ココア)チョコレート」を2017年1月17日から、オンラインショップで販売している。

   販売されているのは、チョコレートバーと、「キャラメルがけカカオニブ&カシュー」、「チョコスプレッド」。

   それぞれ、インドネシアのスマトラ島やフレーレス島、ジャワ島、バリ島などのカカオ豆だけで作られたシングルオリジンチョコレート。現地の農家から直接仕入れ、現地で加工していて、各地のカカオ豆の味や香りの違いも楽しめる。

   100グラム当たり95粒のカカオ豆が使われており、1粒1グラム以上の高品質なカカオ豆が使われている。

   チョコレートバーは、「Tabanan Bali(タバナン バリ) 70% Bar」、「Pidie Jaya Aceh(ピジジャ アチェ) 84% Bar」、「Tanazozo Flores(ラジャウォウォ フローレス) 65% Bar」、「Glenmore East Java(グレンモア イースト ジャワ) 65% Bar」の4種類。

   「Tabanan Bali」は、フルーティでベリー系の香りと、キャラメルのようなカカオの香りが特徴。

   「Pidie Jaya Aceh」は、スモーキーで、スパイシーなカカオの強い香りとナッツのフレーバー。

   「Tanazozo Flores」は、クローブの香りと、コーヒーのような後味を楽しめる。

   「Glenmore East Java」は、力強い酸味の効いたベリー系の香りの中に、ハチミツの香りが広がる。

   それぞれ50グラムが650円(税込、以下同)、80グラムが1000円。

   「キャラメルがけカカオニブ&カシュー」は、苦みやクセのない味わいで、カカオ含有量の高いチョコレートが苦手な人でも食べやすい。価格は1500円。

   「チョコスプレッド」は、フローレス島のカカオ豆とカシューナッツをスプレッドにした。ナッツが味わいに深みを生んでいて、パンに塗ったり、飲み物に加えたりと、様々に楽しめる。価格は1200円。

  • インドネシア各地で作られたカカオ豆を使用
    インドネシア各地で作られたカカオ豆を使用
  • カカオニブはキャラメライズし、食べやすい
    カカオニブはキャラメライズし、食べやすい
  • 様々なアレンジに使える「チョコスプレッド」
    様々なアレンジに使える「チョコスプレッド」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中