沖縄・西表島のリゾートホテルで過ごし楽しむ神秘的な森のイルミネーション

印刷

   西表島最大規模のリゾートホテル「ホテルニラカナイ西表島」(沖縄県竹富町)は、「ヤエヤマボタル」鑑賞ツアーを2017年2月20日から4月20日まで開催する。ヤエヤマボタルは八重山諸島にのみ生息する日本最小のホタルで、限られた期間の日没後1時間しか発光しない。

  • 全室デイベッド付きのゆったりとした客室
    全室デイベッド付きのゆったりとした客室

「ヤエヤマボタル」鑑賞ツアー、2月20日~4月20日開催

   「ホテルニラカナイ西表島」は、石垣島から高速船で40分。面積の9割を亜熱帯の原生林で覆われた日本最後のサンクチュアリとされる西表島最大規模のリゾートホテル。島の北西部に向かって流れる沖縄最長の河川、浦内川の河口付近、弓なりに広がる美しい「月が浜」に面している。

    この雄大な「自然との共生」をコンセプトに、子ども連れの家族はもちろん、大人がゆったりと過ごせるリゾートスタイルを提案する。

   日が落ちて森が暗闇に包まれ始めると、数千~数万匹のホタルが徐々に登場し、美しく光りながらゆらゆらと飛び交う。辺り一面にホタル達が光り輝き、大自然の神秘が感じられるという。幻想的な光の乱舞に魅了されたリピート客も多い。

   ツアー参加資格はホテル宿泊者で、料金は 大人2200円、子ども1700円、幼児1100円(税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中