「雪ミク」と一緒に散歩できる KDDI、北海道でAR(拡張現実)の実験イベント

印刷

   ソフトウェア企業のクリプトン・フューチャー・メディア(札幌市中央区)とKDDI(東京都千代田区)は2017年2月10日~12日、仮想キャラクター「雪ミク」を使って、AR(拡張現実機能)の体験イベント「ミク☆さんぽ」を行う。会場は「雪ミクスカイタウン」(新千歳空港ターミナルビル4階) と「サッポロファクトリー アトリウム」(札幌市中央区)の2か所。

   参加者には対応スマートフォン「Lenovo Phab 2 Pro」(レノボ製)が無料で貸し出される。専用アプリ「ミク☆さんぽ」を起動して、内蔵カメラを周辺に向けると――3DCGの雪ミクがスマホの画面に表示される。彼女は現実空間にいるかのような動きを見せ、参加者はその映像を楽しめる。

  • 「ミク☆さんぽ」
    「ミク☆さんぽ」
  • プラスチックカード付きオリジナル「データチャージカード」(イメージ)
    プラスチックカード付きオリジナル「データチャージカード」(イメージ)

グーグルのAR技術「Tango」を使い実現

   雪ミクは、クリプトン・フューチャー・メディアが企画・開発した「初音ミク」の派生キャラだ。北海道の応援キャラクターという位置づけで、札幌雪まつりに併せて開催されるイベント「SNOW MIKU」の主役を務めている。

   「ミク☆さんぽ」は、アメリカ・グーグル社が開発した「Tango」(タンゴ)と呼ばれるスマホ向けAR技術を活用したもの。3Dカメラやセンサーによって得られた空間の情報をもとに、現実の世界に3DCGの世界をミックスさせることが可能。本イベントの開催日時と体験できる内容は会場によって異なる。詳細は特設ページまで。

【雪ミクスカイタウン】
期間:2月10日13時~19時、11日・12日9時~19時
内容:雪ミクと一緒にギャラリー巡りをしたり、記念写真を一緒に撮影したりできる。

【サッポロファクトリー アトリウム】
期間:2月11日・12日10時~18時
内容:歌って踊る雪ミクをいろんな角度から楽しみ、写真が撮れる

   また「au SAPPORO」(札幌市北区) と「auショップサッポロファクトリー」(札幌市中央区) では、「雪ミク」が券面に描かれたプラスチックカード付きのオリジナル「データチャージカード」(データ容量1.5GB)を、2月11日から期間限定で販売する。価格は1620円(非課税)。購入は1人3枚までで、在庫がなくなり次第終了。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中