「養命酒」が山田養蜂場の有機はちみつで作った「お酒」

印刷

    薬用酒などを手がける養命酒製造(東京都渋谷区)は2017年3月1日、蜂蜜(はちみつ)とハーブを組み合わせた「はちみつのお酒」を全国発売する。はちみつで有名な山田養蜂場(岡山県鏡野町)の有機はちみつとハーブを組み合わせ、上質な味わいを実現した。

   砂糖や人工甘味料は使わず、はちみつと果汁だけの自然な甘さ。そこにさわやかな香りのレモンマートルなど8種のハーブを合わせることにより、はちみつの風味を活かし、濃厚な甘さとすっきりとした後味を両立することに成功した。

   400年以上の薬酒づくりで培った、複数のハーブをそのままお酒に漬け込む合醸法(ごうじょうほう)の技術によって完成した製品だ。

   アルコール分は14%で、内容量は250ml。ストレート、ロック、お湯割り、紅茶割りなどさまざまな飲み方で楽しめる。希望小売価格は980円(税別)。

  • 養命酒製造「はちみつのお酒」
    養命酒製造「はちみつのお酒」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中