2021年 1月 23日 (土)

プロレスは流血のドラマ 歴史に残る名勝負の数々

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

女子プロレスの空前のブーム

『1993年の女子プロレス』(著・柳澤健、双葉社)
『1993年の女子プロレス』(著・柳澤健、双葉社)

   日本の女子プロレスの始まりは戦後間もない頃、キャバレーや芝居小屋で行われた相手のガーターベルトを奪い合うショーだった。次第に試合として認められるようになり、1974年に一人のスターが現れた。ルックスに恵まれた超大型のマッハ文朱。マッハに憧れたビューティ・ペアが登場し、ビューティに憧れてクラッシュ・ギャルズが続いた。その後にブル中野――。

   そして1993年4月2日、横浜アリーナで史上初のオールスター戦が行われ、北斗晶と神取忍が流血の死闘を演じた。これを境に日本の女子プロレスの時代が変わり、かつてないブームが起きる。

   『1993年の女子プロレス』(著・柳澤健、双葉社、1000円)は、激動の時代を駆け抜けた女たちのインタビューだ。ブル中野、尾崎魔弓、デビル雅美、ライオネス飛鳥、長与千種ら1993年で切り取った女子プロレスの証言集である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!