侍ジャパン小久保監督、山田哲人に「セカンド起用」を言い渡す!

印刷

   【スポメディア・ウォッチ】

   3月に開催されるWBCを前に侍ジャパンの布陣が注目されるなか、2017年2月12日の日テレ系「Going! Sports&News」で小久保裕紀監督はキーマン・山田哲人(24=ヤクルト)の守備位置について、「セカンドしかない」と明言した。

   セカンドについては、4年連続でゴールデングラブ賞を獲得している名人、菊池涼介(26=広島)がおり、山田とのし烈なポジション争いが予想されていた。

  • 山田哲人の起用法やいかに
    山田哲人の起用法やいかに

昨秋、3塁を守ったときは打撃不振にまで

   この日、ヤクルトの沖縄キャンプを視察した小久保裕紀監督は山田と対面し、DH起用の可能性も残るとはいえ、山田はセカンドとの考えを示した。

   山田は昨秋の強化試合にサードで出場するも、慣れない守備に苦戦したのか、4打数0安打と自慢の打棒は鳴りを潜めた。「見慣れない景色を守ると、バッティングにも影響が出ると思うので、居心地のいいところで守った方がスムーズにリズムを作れると思う。セカンド1本と言われて良かった」。

   WBCの強化合宿まで、あと10日。山田の視界は良好だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中