2018年 9月 24日 (月)

チェン、驚異の4回転5本も
羽生の記録に及ばないワケとは

印刷

【スポメディア・ウォッチ】

   18年の平昌五輪を見据えた前哨戦で、羽生結弦に強力なライバルが現れた。

   米国のネーサン・チェンが羽生結弦(22=ANA)の追撃を振り切り、フィギュアスケートの四大陸選手権(韓国・江陵)を制した。国際スケート連盟(ISU)公認の大会で初めて、4回転ジャンプを5度成功する離れ業をやってのけた。

  • 羽生結弦選手(2014年4月撮影)
    羽生結弦選手(2014年4月撮影)

佐野氏「まだまだ隠された点数を持っている」

   羽生は当初、フリーで4回転ジャンプを5本跳ぶ算段だった。4回転サルコーからの連続ジャンプに失敗し急きょ、演技中にプログラムを変更。4回転トーループの連続技を加えた結果、自身初の4回転ジャンプ4本となった。羽生は試合後、「トライした回数としては5本。もしかしたら(フリーで)5本の構成もできる手応えはあった」と話した。

   それを上回る5本の4回転ジャンプを決めたのが、米国のチェンだ。4回転ジャンプ関係だけで計69.72、羽生の計53.16に比べると歴然とした差をつけた。しかし、全体の合計点では、307.46で羽生が持つ歴代最高330.43には、まだ手が届きそうにない。羽生が昨季出した歴代最高では4回転がフリーで3本だった。この点数の違いは演技構成点で、今回も演技構成点だけみると、羽生が94.34だったのに対し、チェンは88.86だった。

   チェンの演技構成点が今後、あがるとなると、羽生も苦しくなる。この点について、評論家の佐野稔氏は2017年2月19日の日本テレビ系「Going! Sports&News」で、

「まだまだ隠された点数を持っている。非常に怖い存在であることは間違いない」

と指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中