2018年 11月 16日 (金)

三原舞依、コーチも驚きの「集中力」で優勝 
「どんな大舞台でもノーミスしてきます」

印刷

   【スポメディア・ウォッチ】

   フィギュアスケート女子の三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)が、自己ベストを10点近く更新する合計200.85点で四大陸選手権を制した。

   SPに続き、フリーも完璧に演じ切る集中力はどこから来ているのか。スポーツ雑誌「Sportiva」のウェブ版によると、小学3年の頃から彼女を見守る中野コーチも彼女の集中力に太鼓判をおしている。

  • 三原舞依選手(日本スケート連盟の公式サイトから)
    三原舞依選手(日本スケート連盟の公式サイトから)

優勝は予想していなかった

   中野コーチは、

「希望としては表彰台の端っこに乗ればいいと思っていただけで、優勝は予想していなかったので、びっくりして喜びました」

と振り返る。

   ただ「本当に集中力がすごい。ここというところでは集中して、どんな大舞台でもノーミスしてきます」と彼女を評価し、ミスなく滑り切ったことに対しては

「ノーミスの演技をしたことについては驚きではありませんでした」

と述べている。

   三原は15年12月、全身の関節が痛む原因不明の難病「若年性特発性関節炎」に襲われたが、諦めずリハビリに励み4カ月後、リンクに復帰した。以降は16年10月のスケートアメリカ、12月の全日本選手権で3位に入賞するなど、着実に力をつけてきていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中