柴崎岳、今度はなぜかバルセロナへ 
所属クラブは「島に戻ってきて」

印刷

   スペインリーグ2部CDテネリフェ移籍直後から胃腸炎や不安障害の疑いでチーム練習に参加できていないMF柴崎岳(24)だが、今度はバルセロナに向かった。「個人的な理由」のためだといい、詳細は明かされていない。クラブ公式ツイッターが2017年2月20日(日本時間、以下同)に伝えた。

  • バルセロナ渡航が伝えられた柴崎岳(画像はCDテネリフェ公式サイトのスクリーンショット)
    バルセロナ渡航が伝えられた柴崎岳(画像はCDテネリフェ公式サイトのスクリーンショット)

「チームメートと共に体を動かし始めるのを望む」

   公式ツイッターによると「柴崎岳は代理人を通して、個人的な理由からバルセロナに向かった」。直後に「クラブとしては、柴崎がテネリフェ島に戻ってきて、チームメートと共に体を動かし始めるのを望んでいる」との願望も投稿した。

   クラブが本拠地を置くカナリア諸島の都市サンタ・クルス・デ・テネリフェはスペイン本土から遠く南西に離れており、グーグルマップで見るとバルセロナとの直線距離は約2200キロメートル。日本で例えると札幌-那覇間と同じくらいの距離だ。

   柴崎は1月31日に鹿島アントラーズから移籍して後、練習は2日間だけ参加して欠席が続いている。言語の壁でチームに順応できない、胃腸炎、6キロ激やせ、ホテルの部屋に引きこもりがち、不安障害の疑い、と立て続けに雲行きの怪しさを感じさせる報道が続いた。が、2月19日にはホームでのアルメリア戦をスタンド観戦し、テネリフェ女子チームのDF堂園彩乃(26)と対面したとクラブ公式ツイッターが伝えた。復調の兆しを見せていた中でのバルセロナ渡航は、何を意味するのか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中