2018年 9月 21日 (金)

イチロー、けがの具合は「めっちゃ痛い」 
2、3日は様子見の見通し

印刷

   【スポメディア・ウォッチ】

   米大リーグ・マーリンズのイチロー外野手(43)は2017年2月22日(日本時間は同日深夜)、前日の練習で他選手と交錯し負傷した影響で、全体練習に参加せず別メニューで調整した。デイリースポーツ23日付が伝えた。

   患部の状態を問われると、「めっちゃ痛いです」と話したという。

  • マーリンズの公式サイトもトップニュースでイチローの動静を伝える。
    マーリンズの公式サイトもトップニュースでイチローの動静を伝える。

この日もユニークTシャツで登場

   イチローは21日、守備練習中にバーンズ外野手(30)と交錯し、右脚と腰にけがを負った。相手のひざが直撃した右脚の腫れは、1日経っても引いておらず、イチローはぎこちない足取りで「めっちゃ痛いです」。

   だが心配なのは、衝撃を受けた腰の方だ。「ここ(右脚)は打撲だけなのでやろうと思えばできますけど、腰はね、ちょっと心配なんで。2、3日は様子見が続くと思います」。

   イチローのTシャツは度々、ユニークな文言で話題となるが、この日は「人の金で焼き肉が食べたい」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中