知ってた築地市場? ベスター先生とは
マグロ解体ショーと刑務所の関係とは

印刷

   東京都中央区の築地市場が宙ぶらりんになっている。2016年11月に江東区の豊洲市場に移転する計画だったが、土壌汚染の不安が解消されないため、いまだに先行き不透明だ。なぜ、そんな豊洲を移転先に決めたのか、用地取得に問題はなかったのかと、改めて責任論が出ている。東京都議会は強制力のある百条委員会を設置し、2017年3月に元都知事の石原慎太郎氏らを証人喚問する予定だ。ともあれ、築地市場は今のところ、今の場所でしばらく残る。今回は築地市場をもう一度振り返り、歴史や文化、これまでの役割などについて考えてみたい。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

喰って帰るだけじゃもったいない

『築地魚河岸 ことばの話 読んで味わう「粋」と「意気」 』(著・生田與克、冨岡一成、大修館書店)
『築地魚河岸 ことばの話 読んで味わう「粋」と「意気」 』(著・生田與克、冨岡一成、大修館書店)

   いつ頃からか、築地市場がグルメスポットと呼ばれるようになった。大勢の観光客が路地の飲食店に列をなす。「うまい魚を喰って帰るだけじゃもったいねぇ。独特の文化に触れてほしい」。そう呼び掛けているのが、『築地魚河岸 ことばの話 読んで味わう「粋」と「意気」 』(著・生田與克、冨岡一成、大修館書店、1512円)。

   著者の生田與克氏は東京・月島の生まれでマグロ仲卸商の三代目。仲卸場内で使われる隠語や河岸の専門用語を解説する。「独特の粋と意気を肌で感じるために押さえたい基本138語」「魚河岸での威勢良いやりとりや、入り組んだ仕組みを正しく理解するための50語」「ガイドブックに載っていないうんちく18話」「仲卸人だからこそ、知っている魚にまつわるエピソード104」と盛りだくさんだ。

   マグロの解体ショーは、刑務所への「差し入れ」がはじまり!? 築地では、なぜヒマなことを「芸者の頭」という!?――そんな話も興味深い。

世界最大規模のマーケット

『築地』(著・テオドル・ベスター、訳・和波雅子、福岡伸一、木楽舎)
『築地』(著・テオドル・ベスター、訳・和波雅子、福岡伸一、木楽舎)

   築地市場のルーツは江戸時代に遡るが、中央卸売市場として開設されたのは1935年(昭和10年)。東京の台所を支え、日本とともに発展し、今や世界最大規模のマーケットに成長、外国からも見学にやってくる。

   『築地』(著・テオドル・ベスター、訳・和波雅子、福岡伸一、木楽舎、4104円)は、人類学と日本研究を専門とするハーバード大学教授が17年以上かけて取材し研究した意欲的な作品だ。フィールドワークに何度も足を向け市場の人たちと顔見知りになり、「ベスター先生」と呼ばれている。

   経済、流通、食文化、消費、制度など歴史と文化と社会を重層的かつダイナミックに描き、築地の全貌を明らかにした。600ページを超す分厚い1冊で、目次のタイトルは「東京の台所」「掘られた溝」「埋立地が築地市場に変わるまで」「生ものと火を通したものと」「家族企業」「取引の舞台」など、日本の特性が浮かび上がる。

80年の感謝を込めてイラストルポ

『築地市場 絵でみる魚市場の一日』(著・モリナガ ヨウ、小峰書店)
『築地市場 絵でみる魚市場の一日』(著・モリナガ ヨウ、小峰書店)

   「築地市場よ、ありがとう」。約80年の感謝の気持ちを込めて、イラストで残したのが『築地市場 絵でみる魚市場の一日』(著・モリナガ ヨウ、小峰書店、1620円)。

   国内はもちろん、世界各地から様々な生鮮食料品が運び込まれ、水産物は480種類、青果物は270種類。入場者は1日4万2000人、車両は1万9000台に及ぶ。老朽化した狭い場所で、魚も人もひしめくように動き回る。その活気ある様子をイラストでルポした。築地お馴染のタ―レーといわれる運搬車やフォークリフト、ネコ車なども細かく描かれ、写真とは違うリアリティがある。

   著者のモリナガ ヨウ氏は魚が好きなイラストレーター。本書を持って現場に行き、イラストと見比べてみるのも面白い。第63回産経児童出版文化賞を受賞している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中