張本勲、侍ジャパンV奪還は「8割5分難しい」 

印刷

【スポメディア・ウォッチ】

   2017年3月7日に開幕するワールドベースボールクラシック(WBC)を前に、侍ジャパンは強化試合で2勝3敗と初めて負け越し、不安が広がった。

   3月5日の情報番組「サンデーモーニング」(TBS系)の「週刊・御意見番」では野球評論家・張本勲氏が、優勝奪還は「8割5分、難しい」と断言した。

  • 張本勲氏
    張本勲氏

「(今の状態では)8割5分(勝つのは)難しい」

   番組では、司会の関口宏さんから「ベストメンバーを組めずに小久保監督は悩んでいる?」という疑問が投げかけられた。これに対し、張本氏は、

「悩んでいるでしょうし、アドバイスする人が少ない」

とキッパリ。続けて、

「私らみたいに生意気なのは『こうしましょう』『ああしましょう』というけど、(WBCのコーチ陣は)みんなおとなしい。紳士だから言いにくい」

とWBC日本代表の意外な「弱点」を指摘した。

   その後、いつもの「張本節」がさく裂。強化試合での投手の起用法や、打者のふがいない成績に「喝」をいれるも、いつもの威勢の良さはなく、どこか寂しげだ。

   コーナー終盤には「(今の状態では)8割5分(勝つのは)難しい」と意気消沈ぎみに漏らした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中