2018年 9月 22日 (土)

AIが抽出した、聞き違えやすい言葉を掲載したデジタル辞書

印刷

   三省堂は、無料のデジタル辞書「聞き間違えない国語辞典」をパナソニックと共同開発し、2017年3月3日にWebサイト上で提供開始した。

   「Talking Aid Project」の一環として開発された。「Talking Aid Project」は、難聴の人が聞き取りやすい言葉が飛び交う、「言葉のバリアフリー」社会を目指す啓発活動。

   辞書には、聞き違えやすい言葉の言い換えや話し方のコツを掲載した。具体的には、聞き間違えの頻度の高さを判定するAIプログラムが、三省堂の辞書 「スーパー大辞林3.0」の約25万語から約150万組を抽出した。

   たとえば、「いちじ(一時)・しちじ(七時)」のような聞き間違えやすい言葉を「じゅうさんじ・にじゅうごじ・ななじ」のように言い換えるなど、より伝わりやすくするための話し方のコツを提案している。

   スマートフォンからのみ利用可能。対応環境は、iOSが 9.0以上、Androidが 4.4以上。なお、Webサイトは2018年3月2日まで運用予定。

  • 聞き違えやすい言葉の言い換えや話し方のコツを掲載
    聞き違えやすい言葉の言い換えや話し方のコツを掲載
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中