2019年 10月 18日 (金)

藤浪はどこへ行ったのか? 
阪神唯一の侍戦士の自嘲

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   【スポメディア・ウォッチ】

   阪神の金本知憲監督が2017年3月16日、WBC日本代表で出場機会に恵まれない藤浪晋太郎投手の状態を案じ、

「心配やな(笑)。投げさせてくれとも言えないし。預けてる以上は。ちょっと投げてほしいよな。俺は不安。(大会でまだ2イニングは)少ないよな」

と漏らした。

   デイリースポーツ17日付が伝えている。

  • 金本監督が心配している(画像はWBCの公式サイトより)
    金本監督が心配している(画像はWBCの公式サイトより)

「自分が投げる可能性は低いと思う」

   藤浪は10日、1次リーグの消化試合・中国戦に中継ぎで登板し、2回を無安打0点に抑えた。「憧れていた大会なので投げるのを楽しみにしていたし、マウンドに立ててうれしかったです」と喜びを噛みしめたが、2次リーグでは1度もマウンドに上がれなかった。2月23日の強化合宿から数えても、実戦登板は中国戦を除くと、1日の壮行試合(台湾プロ選抜戦)と5日の強化試合(オリックス戦)のみ。金本監督が頭を抱えるのも仕方あるまい。

   侍ジャパンは15日のイスラエル戦に勝利し、E組1位通過を決めた。だが藤浪は1人、蚊帳の外だった。「(2次ラウンドで)出番がなかったことは悔しい。いい場面でなくてもいいので投げたかった。単純に自分の力が足りなかった」と悔しがったが、

「(決勝ラウンドで)自分が投げる可能性は低いと思うが、しっかり準備したい」

と自嘲気味なコメントも残した。

   藤浪以外に、阪神から選出された侍戦士はいない。金本監督は「無理して投げさせることもないし、無理して休ます(投げさせない)こともないかなと思うし。投げれると言えば投げさせればいいんじゃないの。投げたいだろうから、あいつは」と胸中を推しはかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!