センバツ野球、21対0の結果に
「21世紀枠を廃止しよう」の声

印刷

   第89回春の選抜高校野球大会(以下、センバツ)の2日目に行われた報徳学園(兵庫)と「21世紀枠」で出場した多治見(岐阜)との一戦をめぐりネット上で物議を呼んでいる。

   試合は21対0で報徳学園のワンサイドゲーム。このあまりの差にネット上では「力の差がありすぎ」「21世紀枠は廃止するべき」などといった批判が挙がっている。

  • 舞台となった甲子園球場(WikimediaCommonsより)
    舞台となった甲子園球場(WikimediaCommonsより)

21世紀枠の選考基準は?

   センバツは、夏の選手権大会と違い、1都道府県1代表制ではない。北海道・関東・九州など全国10地区で開催される秋の地区大会の成績などをもとに地区ごとに出場枠を振り分け、各地区の選考委員が出場校を選抜する。

   今年のセンバツは、一般選考29校と「21世紀枠」3校の計32校が出場。21世紀枠は、不来方(岩手)、多治見(岐阜)、中村(高知)の3校が選出された。

   「21世紀枠」とは、2001年のセンバツから新設され、都道府県の秋季大会において一定の成績(参加校が129校以上の都道府県はベスト32以上、それ以外はベスト16以上)を残していること。さらに学業と部活動の両立、地域への貢献、部員不足などの困難の克服など、さまざまな条件を考慮して決定される。

   多治見は、16年の秋季県大会で初優勝。地区大会(東海ブロック)では、初戦敗退だったものの、同大会準優勝の強豪・至学館(愛知)に1対2と惜敗した。

   この好成績と、内野ほどしかないせまい共用グラウンドながらバドミントンのシャトルやテニスボールを使うなど工夫をこらした練習に取り組む姿勢や、平日週2日は7時間目まで授業を行い、2週間に1度、土曜日の午前中に補習も行うなど学業にも力を入れている点が評価された。

「21世紀枠」過去42校の成績は?

   多治見は、初戦の相手である甲子園の常連校・報徳学園に大いに苦しんだ。16年度の公式戦では8試合を投げ防御率1.08と抜群の安定感を誇るエース・河地が味方のエラーも絡み大きく崩れ、21失点を喫する。打線も3安打のみと沈黙し、得点を奪うことができなかった。

   この結果にツイッター上では、

「21世紀枠の是非が問われる」
「もう21世紀枠考え直す時期に来たんじゃないの?」
「これを記念して21世紀枠を廃止しよう」

と、21世紀枠を疑問視する声や廃止を望む声が少なくない。

   21世紀枠は16年のセンバツまでに42校が出場し、最高成績は「宜野座(沖縄)」「利府(宮城)」のベスト4だ。しかし、ここ数年は1、2回戦止まりが多い。「利府(宮城)」がベスト4に勝ち上がった2009年以降、22校中5校が2回戦、残り17校が初戦敗退となっている。

   なお、今大会で21世紀枠に選ばれた他の高校だが、中村(高知)は大会2日目に前橋育英(群馬)に1対5で敗退。部員10人で試合に挑む不来方(高知)は、大会5日目第3試合に静岡(静岡)と対戦する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中