「試合勘とコンディションは別」 
本田圭佑、口では不安視を一蹴

印刷

   サッカーW杯アジア最終予選・UAE戦(2017年3月23日)のメンバーに選出されたFW本田圭佑が、試合勘のなさを不安視する周囲の声を一蹴した。

   22日付スポニチアネックスによると、記者の取材に

「試合に出ないとコンディションが上がらないというのはうそ」

と豪語した。

  • 本田圭佑
    本田圭佑

本田はチームの精神的支柱となれるか

   本田は17年に入ってから、1月25日のイタリア杯準々決勝を最後に試合に出ていない。

   21日に現地で調整した際は、記者の取材に

「全然いいんじゃないんですか。みんなが盛り上がるのであれば。いずれは外れて、サッカーも辞める。何てことない自然の摂理でしょ」

と気に留める素振りすら見せず、

「今この時点でそういうふうになるのは本望じゃない。自分の努力で切り開く。これまで同様、やっていくスタイルは変わらない」
「それ(試合勘)とコンディションはまた別。試合から逆算し、全く同じ負荷をかけるのは練習では可能」

と言い放った。

   前日20日の練習前には、右ひざ負傷のMF長谷部誠の代表離脱が決まったばかりだ。

「(自分が持つ)精神的なものはいくらでも役に立つ。もちろん自分が出たら、点取るつもりでやりますよ」

   本田はそう述べた通り、チームの精神的支柱となれるか。ハリルホジッチ監督は「試合に出ていなくても今の代表は本田を必要としている。我々が戦ってきた中で、常に彼の存在があった。トップスコアラーでもある」と語ったが。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中