ノムさんがWBC中ずっと気になってた! 
筒香が無表情で打席に立つ理由とは

印刷

   WBC日本代表「侍ジャパン」の4番を務めた筒香嘉智外野手(DeNA)が2017年3月26日、TBS系のスポーツ番組「S☆1」のインタビューで、いつも無表情で打席に立つ理由を

「相手に敬意を示さないといけないので、ぼくはあまり笑わないです」

と説明した。

   野球解説者の野村克也が大会期間中、筒香選手のポーカーフェースを

「一番、不気味だよな」

などと評していたのがきっかけだった。

  • ぽこ太郎さん撮影、Wikimedia Commonsより
    ぽこ太郎さん撮影、Wikimedia Commonsより

「いい笑顔じゃない。女性に人気が出るよ」に満面の笑み

   野村は同番組に野球解説者として毎週のように出演している。侍ジャパンがWBC1次ラウンドの3試合を終えた後の3月11日、野村は1次ラウンドの名場面を振り返る中で、筒香について

「顔が緩まないもんな。表情が変わらないな。いつも同じ顔をしている。(キャッチャーとしては)1番不気味だよな。読みづらいし、何考えているか分からない」

と評し、番組の係員に

「笑っている顔、見たことあるの」

などと質問した。

   19日の放送でも、2次ラウンド前の練習試合カブス戦を解説する中で

「この人、普段はしゃべれるの。何考えているか分かんねえ、キャッチャー(の立場)からぼそぼそっとささやいてみたいよ」

とコメント。番組が26日の放送で、筒香本人に野村の感想を伝えると、やはりポーカーフェースで

「打ったらもちろんうれしいですけど、相手がいてのことなので。ぼくはあまり(表情を)変えないです」

と返ってきた。

   ただ試合後の筒香には、仲間とともに笑顔で勝利を喜ぶ一面もある。野村が

「笑ってる。いい笑顔じゃない。女性に人気が出るよ」

とコメントしたと伝えられると、筒香は「ふっ」と満面の笑みを浮かべていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中