2018年 8月 22日 (水)

早実・清宮が敗れ、高野ファン大盛り上がり
「夏は甲子園出ないでほしい」

印刷

   「清宮君 敗北で良かった」「早大付属清宮高校だっけ?負けた負けた。良かった良かった」――。

   センバツ高校野球8日目の2017年3月27日、2回戦に進出した早稲田実業(東京)は、東海大福岡(福岡)に8対11で惜敗した。しかし、ネット上では、早実の敗退に「歓喜」する声があふれている。

  • 毎日新聞を除く5大紙は、主見出しに「清宮」を掲げた
    毎日新聞を除く5大紙は、主見出しに「清宮」を掲げた

「東海大が勝ったことは言わず...」

   怪物スラッガー・清宮幸太郎(3年)を擁する早実は、大会前から「清宮フィーバー」で沸いた。

   高野連は、「清宮」目当てのファンが甲子園球場に殺到することを予想し、早実ナインは一般人と接触しない「清宮ルート」で球場入りする措置がとられた。

   予想は的中、神戸新聞の3月24日付記事(電子版)によると、第1試合の明徳義塾(高知)戦では午前8時の開門までに前日の2.7倍の3600人が並び、徹夜組も68人に上ったという。

   しかし、その「風向き」は、第1試合以降から徐々に変わりはじめた。

   試合後、ツイッターでは、

「もう少し公平な実況が必要じゃね?清宮嫌いじゃないけどさすがに気分悪くなる明徳側の人間も見てるんだぞ」
「✕清宮嫌い○清宮推しが露骨なメディアが嫌い」

と、マスコミの「清宮偏重」姿勢に不快感をあらわにしたユーザーが少なくない。

今回の第2試合後には、

「しかし、予想はしてたけど清宮の記事の多いこと...不快感半端ない。マジで夏は甲子園出ないでほしい」
「ニュース番組でも東海大が勝ったことは言わずに清宮のスリーベースのことを言っていたので悲しい限りです」

と、さきの批判がさらに増えた。

   ツイッターの検索欄には3月28日昼現在、「清宮」と入力すると「清宮 嫌い」という検索候補がでるほど、清宮選手に「心酔する」マスコミへの嫌悪感が寄せられている。

   なお、3月28日付の大手紙朝刊は、早実対東海大福岡戦を以下の主見出しで振り返った。

・産経新聞(14版)「清宮 短い春」
・読売新聞(13版)「清宮 本塁打なき終戦」
・朝日新聞(13版)「清宮の夢は花開く」
・日経新聞(14版)「インハイ徹底 清宮封じ」
・毎日新聞(14版)「東海大福岡 お株打破」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中